念佛宗における念仏とは

念佛宗における念仏とは

南無阿弥陀仏という言葉があります。

これは阿弥陀仏に帰命するという意味を持った言葉です。

そしてこれを唱えるのを念仏といいます。

念仏を唱える宗派はたくさんあります。

いわゆる浄土宗は浄土へと辿り着く為に、この念仏を唱える事に重きを置きました。

浄土宗以外にも、浄土真宗、また最近では新興の宗派として念佛宗といのも念仏を唱える宗派ではないでしょうか。

浄土真宗の親鸞上人は、南無阿弥陀仏を日々唱えれば、自然と往生へ向かう心構えになっていくだろう、と説いたようです。

俗にいう、悪人でも念仏さえ唱えれば助かる、というようなことではありません。

つまり、阿弥陀仏に帰依しようという気持ちが、言葉によってより具体化され、態度にも表れる筈だ、といった意味のようです。

浄土宗、また念佛宗における教義は単純にとらわれがちですが、実のところは端的に、また非常に深い言葉で仏教理念を示している気がします。

信仰とは、一人一人の心がそれを信じる事で自然と整い、安寧を持って他者と交流できるようになるものであると私は考えています。

だから念仏とは、一番身近な修行道具なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>